クリームクレンジングは、水で洗い流しても肌にヌルつきが残りやすいのでW洗顔が必ず必要

毛穴のケアについて説明する女性

毛穴に汚れが詰まりやすく、すぐに黒ずみやいちご鼻の状態になってしまうことに悩んでいる女性は多いです。

毛穴の開きの原因となりやすいですし、何より肌が汚く見えてしまう恐れがあるのでどうにか対策ケアをしたいと考えている方は増えてきています。

一般的に角栓や黒ずみの除去を行うケア方法として、市販されている専用のパックを利用したりプッシャーで無理やり汚れを押し出す方法を利用している方は多いです。

どちらの方法も詰まった角栓や黒ずみを綺麗に除去することが出来るので、肌を綺麗にしていると自分では思いがちですが、パックは剥がす際に肌の角質を除去してしまうので乾燥が起こりやすいですし、プッシャーは肌にダメージを与えてしまう危険があります。


角栓が除去出来ても、開いた毛穴はそのままになってしまい、時間が経つとすぐに汚れが詰まる悪循環を引き起こす可能性が高いです。

そこで肌に負担をかけずに、優しく角栓や黒ずみを除去する方法として多くの女性が利用するようになってきているのが、クリームクレンジング化粧品を利用する方法です。


クレンジング化粧品というと、主にメイクを落とす際に使用する商品とイメージしている方は多いですが、コールドクリームと呼ばれるクレンジング化粧品は、メイク汚れを浮かせて落とすだけではなく、油分をたっぷり含むなめらかなテクスチャで、マッサージケアを行うことが出来るメリットがあります。


毛穴の詰まりは、皮脂汚れやメイク汚れ、外部からのホコリなどが蓄積して構成されています。

そのためクリームに含まれる油分になじみやすく、浮かせて落とすことが出来るので、強い力を入れなくてもスッキリ汚れをケアすることが出来るのです。

また肌表面に蓄積している古い角質の除去や、顔全体の血行を改善するマッサージも念入りに行えるので、加齢に伴う肌のたるみや小じわが気になっている方も、適切にマッサージケアを行うことでリフトアップ効果を期待することが可能です。


ただクリームクレンジングは、水で洗い流しても肌にヌルつきが残りやすいのでW洗顔が必ず必要です。

どうしてもヌルつきを軽減したいなら、水で洗い流す前にティッシュオフをするとベタつきをある程度除去してから洗顔が行えるので、一度に汚れをスッキリ洗い流すことが出来ます。


一般的なクレンジング化粧品とは異なり、クリームクレンジングは洗い流しても肌に潤いを残す効果があるので、乾燥しやすい肌質におすすめです。


毛穴ケアの基礎化粧品@人気ランキング調べてみました!
ランキング



このページの先頭へ